nannaのHP

しつけ・トレーニング・K9フリースタイルの教室
http://nanna73.web.fc2.com/

レッスン・スケジュール

グループレッスンなどのスケジュールはコチラから
http://nanna73.exblog.jp/

メール

お問い合わせはコチラから
http://form1.fc2.com/form/?id=513598

スポンサーサイト

Posted by nanna on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つの構築(その1)

Posted by nanna on 01.2010 ドッグトレーナーの独り言   0 comments   0 trackback
犬達と関係を築き上げるにあたり、大まかにではあるけれど3段階にカテゴリーを分ける事が出来ると思う。
今回は1つ目の心の育て方について。


●心を育てる

犬達とトレーニングを始めよう!
そう考えた時に、多くは形を作りたがる人が多いのではないだろうか?
それは犬達に配慮したトレーニングとは考えがたい・・・
人間側が満足を得やすいのが理由と言っても過言でないと思う。

何を言いたいのか・・・
今の人間社会でも、幼稚園の頃から“受験”が存在している。
受けさせるか否かはご両親次第だとは思うし、それを否定するつもりは一切無い。
しかし、

さまざまな感受性を育てること。
素直な心を育てること。
経験を積むこと。
希求心育てること。

これらの事は果たして紙面上で綴られる勉強で理解出来る事でしょうか。
型にはまった事だけを刷り込む事で理解できる事でしょうか。

様々な人に出会い、ふれあい、喜び喜ばれた犬は、笑顔・褒められる喜びを理解します。
素晴らしい笑顔(褒め)を知っている犬は、嫌な顔(叱られた)をされた際ににその意味を正しく理解するのです。
いつもムスッとしかめっ面な人からしかめっ面で褒められても叱られても、その差は上記した例に比べると犬じゃなくても理解し図らいとは思いませんか。
褒める・叱る(止めてもらいたい事を理解させる)を正しく人から犬に伝える事で、犬自身も受けとめた感情を自身の方法で表現する方法を理解します。
嬉しい時は喜び、悪い時にはごめんなさい。
素直な心を持ち、正しく感情を表現できる犬にする事はとても重要であると言えるでしょう。

そして、さまざまな経験を積ませる事。
人間社会には犬には理解しがたいものが無数に存在します。
例えば携帯。
犬に携帯が通信手段の一つであり、電話やメール、様々なアプリケーションで楽しむ事が出来るんだと教えたところで理解できないでしょう。
大概の犬達が理解しているのは、

・飼い主がそれを手にし始めるとなかなか自分の方を見てくれない・・
・そして時にソレを持ちながら誰もいないのに一人で話し始め、笑ったり真面目な顔をしてみたりするものである。

という解釈ではないだろうか。
そして犬達が理解する内容としては、危険なものではない。おもちゃではない。という事でしょう。
外を走る車、バイク、スピーカー、大きな犬、雄犬、雌犬、仔犬、成犬、飼い主以外の人間、大人、子供、などなどなど・・・
無数の理解できないものと実際に触れ合う事で自分にとって無害である事を理解します。
時にその経験を積ませる際に失敗してしまうと、大きなトラウマになってしまう場合もあるでしょう。
正しい経験は犬達の心に自信を持たせてくれます。
個体差はありますが、未知の存在(理解できないもの・場所)に怯えなくて済む犬は、大らかで健やかな心を持つことが出来るでしょう。

つまり、外界は自分にとって危険な場所では無いのだ。
その事実を理解し自信を付けることで、犬達は家の中などの確実に安心できる場所と同じ様にパーソナルスペースを外でも最小限に保つことが出来るようになるのです。
知らない犬が散歩などで通りかかっても、それが気になって飼い主に集中が出来なくなる・・などの失敗に繋がる原因を取り除いていくことが出来るのです。

あれはなになに?次は何をするの??
様々な新しい事やものに興味がある犬は集中力散漫とも捕らえられがちですが、正しく導いてあげる事でトレーニングを共に楽しむには素晴らしい犬になるでしょう。

そして、様々な経験を積ませる事により応用力の伴った犬に育ちます。
全く触れた事の無い新しいジャンルでも、飼い主の“やってみよう!”に喜び楽しんでついて来てくれる事でしょう。

2006.5.4 海舞

犬の心を育てること。
すべては愛犬と何かを楽しむ際に、犬自信が共に喜び楽しむ為の意欲と心を育てる事に繋がります。
つまり、すべてのベースとなりうるのです。

愛犬と関係性を築いていこう!そう考えた時に焦ってはいませんか?
自分本位にはなっていませんか?

まずは幼稚園、小学生から始めましょうよ。
心と心の絆を結ぶためにおやつやおもちゃは必要ありません。(※遊びにおもちゃを使うなという意味ではありません)
むしろこの時期(心の関係構築)には使わないで欲しい・・そう思います。

焦らずに、順序立てて正しく育てる。
トレーナーはそれを見極める為に存在するのだと思います。

次回は【ルールを学ぶ】について話しますね。

ドッグオーナーズスクールnannaも宜しく♪
nanna HPへにほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://headingdachs.blog91.fc2.com/tb.php/836-8f1ca766

プロフィール

nanna

Author:nanna
ドッグトレーナーのnanna(ナンナ)です。
東京都武蔵村山市で出張訓練をしています。
家庭でのしつけからトレーニング・ドッグスポーツなど様々なジャンルに対応可。
川越のDOGRUN+CAFE fetch内にてレッスンも行っております。

【動物取扱業登録】
保管 101871
訓練 101872

カウンター

今見てくれてる人数

誕生日

虹の橋

■アナトリアン・シェパード  オスカル(1999年7月10日生まれ)  2010年10月21日没  享年11歳3ヶ月

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングバナー

ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

1日1ポチッと宜しくお願いします(*^-^*)/

ブロとも申請フォーム

ニンニン♪

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。